2016年02月15日

栄養価の高いドリンク【栄養ドリンクとエナジードリンクの違い】

【栄養ドリンクとエナジードリンクの違い】
エナジードリンクは、分類としては「清涼飲料水」にあたります。リポ○タンDやアリ○ミンVなどに代表される栄養ドリンクは「医薬部外品」にあたります。医薬部外品には「滋養強壮、虚弱体質の改善及び栄養補給が目的とされている物」という分類があり、栄養ドリンクはその分類に入ります。そのため、効能として「滋養強壮」や「栄養補給」という表示をすることができます。

【栄養ドリンク】
医薬部外品として扱われるため「滋養強壮」や「栄養補給」という表示が可能です。栄養ドリンクの中には、ビタミン類・アミノ酸・滋養強壮に効果のある生薬・漢方薬由来成分のエキスなど、疲労回復や健康維持に効果が期待できるとされる成分を大抵の場合含んでいます。ただしカフェインは50mg以下となっています。

(注意点)
栄養ドリンクは多くの方が栄養があるし疲労回復に効くと思っていますが、実際は疲れていても脳を元気に感じさせているだけで回復をしているわけではありません。

疲労回復に一番大切なのは適切な睡眠と休息です。また適度の体操や運動なども必要です。それらを行ったうえで摂取するのであれば大丈夫ですが栄養ドリンクで疲れをごまかしすぎると『慢性疲労症候群』など疲労感を感じる疾患を見落としてしまい重篤なことになる危険せいもあるので適度な摂取方法が推奨されます。


【エナジードリンク】
医薬部外品の栄養ドリンクのように効能表示はできません。エナジードリンクの基本的な構成要素は炭酸、糖類、カフェイン、アミノ酸、ビタミン類になります。ドリンクの種類によって効果が異なるなどはあるようです。また日本は薬事法の兼ね合いで海外製品と含有物が異なります。タウリンが含まれていないのが一番の特徴です。ただしカフェインは200mgまで含有が許されています。

(注意点)
エナジードリンクは栄養ドリンクよりも安全でお手軽なイメージがありますが、人工甘味料やカフェインが多く含まれていて気分を高揚させたりしやすいのでタバコなどのような嗜癖性もあります。特に過剰な摂取はカフェイン中毒の可能性もありますので摂取には注意が必要です。何事もほどほどが一番ということになります。

人工甘味料についてはコチラ
http://smile154.seesaa.net/article/424887935.html


参考サイト:NEVERまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2145552271368355401
※当ブログと上記NEVERまとめは作者が同一になります。

疲れをスッキリさせるには一番良い方法は睡眠になります。睡眠の質を高めることで身体疲れは本当にすっくりします。栄養ドリンクやエナジードリンクは疲れをごまかすだけになりますので常用するのは注意が必要です。

ぐっすり休みたい方のロールオンアロマ【Suyattoアロマ】





情報提供元
もみほぐし整体$mile
http://momihogusiseitaismile.web.fc2.com/
口コミ・評価
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000320449/review/
ネット予約
http://b.hpr.jp/kr/sd/H000320449/


posted by gojal at 19:23 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。