2016年02月06日

モートン病と足底筋膜炎の違いについて

モートン病(神経腫)と足底筋膜炎(足底腱膜炎)の違いについて
モートン病は足の中指と薬指の間付近の神経にコブが出来てしまう疾患になります。足底筋膜炎は足の踵(かかと)に着いている筋と腱の境目の部分が炎症を起こしてしまいます。共通しているのは部分的に負荷が加わることで足裏が痛みを出してしまうことです。

(大きな違い)
・モートン病は足の指先付近が痛くなる、足底筋膜炎は踵付近が痛くなる
・上記からモートン病はつま先の負荷を減らすことが大切、足底筋膜炎は踵の負荷を減らすことが大切
・モートン病は神経が原因、足底腱膜炎は筋肉や腱が原因

モートン病と足底腱膜炎を書きに記していきます。

モートン病(神経腫)

【症状】
足の中指と薬指の間に「ピリピリ、ジリジリ」と刺すような痛みが走る症状です。主に鋭い痛み(一次痛)が症状として出ますが中には痛みを感じない違和感のみの方もみえます。しびれや、患部に塊があるような違和感を覚えることもあります。この痛みは、指と指の間を通っている神経がコブ状に腫れてしまい、歩くたびにその部分を刺激してしまうことで起こります。

【原因】
原因は主に靴の問題が挙げられます。つま先側が細いハイヒールなどを長時間、日常的に履き続けることで発症してしまうといわれています。またダンサーのようにつま先立ちの多い方にも発症が見られます。靴の問題との大きくかかわる問題として挙げられるのが、オーバープロネーション(過剰回内)です。オーバープロネーション(過剰回内)の足は、かかと周りの関節が動きすぎることで同時につま先側を広げてしまいます。(開帳足)過剰に広がってしまった、前足部を無理やり先の狭い靴にねじ込んだ状態で長時間、日常的に過ごすことで指と指の間にある神経にも負荷がかかり続けます。オーバープロネーション(過剰回内)の足は歩行などの蹴りだしの時に、問題の指の付け根の骨(第3、第4中足骨)の先端にのりこんでしまい、また強い負荷がかかる要因となります。この位置にタコができている人も少なくありません。

足底筋膜炎(足底腱膜炎)

【症状】
荷重時の足底部痛は、踵〈かかと〉に近い筋膜起始部に最も多く発生します。次いで中央部(土踏まず)、遠位部の3ヵ所が好発部位です。特に起床時や練習開始時に痛みが出やすい傾向があります。機能面では下腿と踵骨軸のなすアライメント(heel-leg alignment)が回内(中央部の疼痛)か、回外(起始部の疼痛)かをチェックして補正が大切になります。特に骨足底部内側の足底筋膜起始部は、脛骨神経の分枝である外側足底神経が介在していて、硬くなった筋膜に拘扼〈こうやく〉されたり、微小断裂のために圧痛、腫張があります。場合によってはしこりが認められます。※脛骨神経は坐骨神経が膝付近で総腓骨神経と脛骨神経に分枝したものになります。

【原因】
足底筋膜は足部のアーチを保持しています。スプリングのように荷重時にショックを吸収する役目があります。そのためランニングやジャンプ動作などで体重刺激が足部にかかる場合、足底筋膜は繰り返しの牽引刺激によって微小断裂や炎症が発生しやすくなります。 路面接地時には足底筋膜の遠位にある足趾〈そくし〉は伸展して、近位にある踵骨〈しょうこつ〉も下腿三頭筋―アキレス腱によって牽引され伸張されます。また足部のアライメントも重要で、扁平足の競技者は回内足を合併しやすく、中央部の土踏まずに疼痛〈とうつう〉が存在しやすくなります。反対に、ハイアーチ(甲高)では柔軟性が乏しく、筋膜を損傷しやすい傾向があります。原因の一端にはオーバーユース、硬い路面(サーフェスの変化)が考えられます。また対策としてはシューズの変更(ヒールアップが望ましい)なども良いと考えられます。

モートン病・足底筋膜炎の図
mo-tonn.jpg※クリックすると画像は拡大します。

情報提供元
もみほぐし整体$mile
http://momihogusiseitaismile.web.fc2.com/
口コミ・評価
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000320449/review/
ネット予約
http://b.hpr.jp/kr/sd/H000320449/


posted by gojal at 13:27 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。