2015年09月15日

Stretch(ストレッチ)の簡単な説明

Stretch(ストレッチ)には種類があります。大きく分けるとゆっくり伸ばすもの、反動をつけて伸ばすもの、動かしながら伸ばすものになります。

ゆっくり伸ばすストレッチをスタティックストレッチと呼びます。

反動をつけて伸ばすストレッチをバリスティックストレッチと呼びます。

動かしながら伸ばすものをダイナミックストレッチと呼びます。

その他にも動作に合わせて抵抗を加えて筋肉の協調性を高めることで一時的に筋肉の出力をアップするPNF(固有受容器神経筋促通法 ※1)と呼ばれるものもPNFストレッチとして分類することもあります。

※1英語名:Proprioceptive Neuromuscular Facilitation Techniquesで略称:PNF

またストレッチはスポーツと密接な関係があります。スポーツ前のケアやスポーツ後のケアなど多くの選手がストレッチをしている姿が見受けられます。一般的にスポーツを開始する前はダイナミックストレッチなど動かしながら行うストレッチで身体を温めながら行う事が良いとされています。スポーツ後のストレッチはアイシングなどを行っている選手も多いですが痛めてない場合はスタティックストレッチで筋肉をゆっくりと伸ばす事が良いとされています。

最近はアイシングをしながらストレッチを行うクライオストレッチなどもあります。ハードなプレイをするスポーツ選手に有効なストレッチとして近年、注目を集めています。

シックスパッドなどの筋トレ用のEMSはダイナミックストレッチ効果も期待ができるので人気となっています。お腹の筋肉を鍛える事とお腹の筋肉をほぐすことで腰痛などの方にも効果的なものなので注目されて売れているようです。



【まとめ】
ストレッチは用途別で行う事で日頃の疲労を緩和する効果が期待できます。しかし身体を柔らかくするという意味ではあまり有効的とは言えません。人体は個体差があれど関節の可動域がある程度は決まっています。その可動域を越えるように無理に筋肉を伸ばして身体を柔らかくすると肉離れ(筋肉が切れる)の原因になります。誰でも自身の関節の可動域には限界があるという事です。関節の可動域は筋肉を伸ばすのではなくて関節の正しい動きを関節の教えることが重要になります。無理なく適度なストレッチで疲れの緩和をしてみてはいかがでしょうか?オススメのストレッチはラジオ体操になります♪

※ラジオ体操はダイナミックストレッチに分類されます。




情報提供元
もみほぐし整体$mile
http://momihogusiseitaismile.web.fc2.com/
評価・口コミ
http://www.ekiten.jp/shop_6061782/review/
ネット予約
http://b.hpr.jp/kr/sd/H000320449/


posted by gojal at 17:02 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。