2015年03月29日

エビデンスって何?【エビデンスは科学的根拠】

【エビデンスって何?】

「エビデンスがある」と言えば、一般的には「科学的根拠」という意味になります。一説によるとエビデンスという言葉の認知率は約24%、理解率は約9%と一般的には知られていないと言われています。(国立国語研究所調べ)

行う治療法が病気・怪我・症状に対して、効果があることを示す証拠・検証結果・臨床結果をエビデンスと呼びます。エビデンスは、医療行為において治療法を選択する際「確率的な情報」として、安全で効果のある治療方法を選ぶ際に指針として利用されます。

治療に際して、効果の確率(効果量effect size)を知るための手段がエビデンスであり、この効果量がどの程度の確率で正しいかを知るための手段の客観的な基準がエビデンスです。

高いエビデンスを求める方法として、ランダム化比較試験コホート研究症例対照研究が挙げられます。ただし、注意が必要なのは生物には個体による変動があるため、これらの一般的な確率は個々の状態によって適切に修正されなければならないもの考えられます。

治療の分野において、施術・薬・サプリメントにおいて様々な情報が飛び交っていますがエビデンスというワードを知っておくと根拠のあるものないものとして判断しやすくなるのではないのでしょうか?
ネットが普及したことで多くの情報が簡単に手に入るようになりました。だからこそ正しい情報をつかむことが大切と言えるのかもしれません。

情報提供元
もみほぐし整体$mile
http://momihogusiseitaismile.web.fc2.com/
評価・口コミ
http://www.ekiten.jp/shop_6061782/review/
ネット予約
http://b.hpr.jp/kr/sd/H000320449/


posted by gojal at 15:54 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。