2015年01月15日

五十肩の体操【コッドマン&コノリー】

五十肩について知りたい方はコチラをクリック

五十肩は回旋筋と呼ばれる肩を回旋(かいせん)※1する筋肉が炎症を起こして痛みによって可動域が制限するものになります。

※1 回旋とは肩を内と外にまわす(ひねる)動きのことになります。

五十肩になると痛みや炎症が原因で肩がバンザイをできなくなります。痛みに関しては発症直後は物凄い痛みを伴いますが半年~1年程度で多くの方が自然と消えていきます。動きに関しては発症から2年程度でほとんど元通りになる方が多いと考えられます。

【五十肩の方にお勧めの体操】
1.コッドマン体操【別名:アイロン体操】
右矢印1適度の重りを持って下図のような姿勢で肩をまわす体操のことです。五十肩が発症した直後から行える簡単な体操になります。重さがアイロンくらいで持ち手があることからアイロンを使用することでアイロン体操とも呼ばれています。重りは体格や性別で変えて頂くことがオススメです。重さの目安【男性1kg 女性500g】

1.jpg

2.コノリー体操
右矢印1こちらはある程度、肩が動くようになってきてから行うと良い体操になります。コッドマン体操と併用するとより効果的になります。目安としては発症3か月以降(個人差有り)で肩が少し挙がるようになってから行います。激しい痛みを伴う場合はまだ行わないほうが良い体操になります。下図の矢印の方向に力を加える抵抗運動を行います。(筋肉に力を加える抵抗運動をすると筋肉はゆるみますのでセルフマッサージ同様な凝りを解消する効果も得られます。)

2.gif

本当は五十肩になる前からマメに日頃のケアを行うのが良いのですが・・・五十肩になってしまった方は上記の様な体操を心掛けてください。「私は大丈夫!」という方にこそ気にかけて頂きたく思います。

情報提供元
もみほぐし整体$mile
http://momihogusiseitaismile.web.fc2.com/
評価・口コミ
http://www.ekiten.jp/shop_6061782/review.html
posted by gojal at 12:27 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412387397

この記事へのトラックバック