2014年11月25日

ガサガサ踵の原因と対策

【ガサガサ踵の原因】

かかとがかたくなる原因は「肌の誤作動」です。足の裏は皮脂腺がないため乾燥しやすい部分ですが、洗いっぱなしでケアをしない人が多いのが原因です。

乾燥などで肌表面の角層が乱れると、肌内部の水分が蒸発しやすい状態になります。肌内部の水分が十分でないと、肌は乱れた角層を修復するために急いで角質細胞を作ろうとします。こうして作られた細胞は未熟で不完全なため、機能も正常に働きにくくなります。その機能を補おうとさらに角質細胞が作り続けられ、未熟な厚い角層が作られます。

この乾燥と角化の放置により、引き起こされるのが「肌の誤作動」で、皮膚科学では「錯覚化」とも呼ばれています。

〈重症化させる要因〉

@ 「季節的な乾燥」「暖房器具」といった乾燥

A 底の薄い靴を履いて「足裏の負荷の増大」

B 削りすぎなどの「間違ったケア」

C 「加齢」「体質」「太っている」


【ガサガサ踵の簡単対策】

保湿クリームやアロマオイルなどを馴染ませます。馴染ませたら少し置いてから靴下をはきます。

※塗った部位を密封することでオイルやクリームを肌に浸透させる効果があります。

角質層は基本的には死んだ細胞の集まりになります。そのためコラーゲンやビタミンなどを含んだ化粧水などを使用しても肌がきれいに再生するということは考えにくくなります。荒れた角質層の潤いを助けるという意味では効果があります。特にかかとの様に皮脂腺を持たない部位には有効になります。

踵は負担が大きい部位なのでなるべく守ってあげないと段々と荒れてしまいます。マメな保湿を心掛けることが一番のケアになります。

〈対策の効果〉

オイルやクリームを馴染ませた後に靴下などで保湿して寝るということを1週間続けて頂くと何もしないよりガサガサが明らかにキレイになります。効果があるかどうか試したい方はご自身の右足と左足で試して頂けると分かりやすいと思います。

50名ほどで行った結果としては42名に効果や違いが起きました。8名の方は変わらなかったとのことなので個体差があるという事も言えます。

特にお風呂あがりや寝ている時は足の水分が蒸発しやすいのでお風呂上がりに塗って寝る時は保湿した状態にしておくと吉ということになります。

誰でも簡単にできるので試してみる価値はあると思います。

肌に塗るオイルについてはコチラをクリック

情報提供元
もみほぐし整体$mile(スマイル)
http://momihogusiseitaismile.web.fc2.com/
もみほぐし整体$mileの評価・口コミ
http://www.ekiten.jp/shop_6061782/review.html


posted by gojal at 19:42 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。