2014年11月20日

『肩が痛い』と『肩がこる』の違いは???

痛いと凝るの違いって意外と聞かれると分からないですよね???あとよく耳にするのは欧米の方々は肩が凝らないとか、マッサージがキライというイメージがありますよね???


肩が凝るというのは基本的に『日本独自の表現』なのです。欧米などは凝るというよりは疲れたという表現になるようです。だから肩が凝らないのではなくて、肩凝りという概念がないということになります。


欧米の方が必ずしもマッサージなどがキライではないのです。『疲れた』と感じれば『癒されたい』と思うのは万国共通ということです。『肩が痛い』と感じる時は触らないという考え方が一般的です。そのためキライというイメージがついたと言われています。北欧や欧米の方が日本に来た際は観光を兼ねて意外にもマッサージを受けられます。日本人が韓国や中国の観光に行くとマッサージや足ツボを受けてくるのと同じ感覚のようです。海外の方は通常のマッサージよりオイルマッサージの方が人気が高いようです。理由は日本人よりも『痛い』のを嫌がられる方が多いからと言われています。

アジア系の民族は世界的に見ても手先が器用な人種なので世界的に見てもマッサージなどが上手な人間が多いと言われています。その中でも日本人は細かい作業も得意で神経質な点から施術が丁寧という事も考えられます。

つまりは単純に『肩こり』と『肩がいたい』については単純に【疲れと痛みの違い】と考えられます。

疲れと痛みの違いはコチラをクリック

日本人は『痛い』=『効いている』と感じる方が多いようです。海外の方は『痛い』=『嫌』と感じる方が多いようです。

日本では『凝る』=『痛い』のような意味合いが広がっていますが、凝り固まることから『凝る』という風に考えると『凝る』と『痛い』は本当は意味合いが違うということになります。しかし『肩こり』は民間用語なのでどこまでいっても正確な定義そのものがないものになります。

【肩こり】
言葉の意味合いから考えていくと【肩の筋肉の緊張が高まって(筋肉が凝り固ること)起きる肩周辺の疲労のこと】となります。

【肩が痛い】
痛みの種類によりますが多くは鈍く重ダルイ感じもしくは鈍い痛みがあると考えられます。正式にはこれを『肩の疼痛』と呼びます。疼痛(とうつう)とは うずくいたみ のこと全般をさします。

肩こり解消法
http://smile154.seesaa.net/article/371148247.html


肩の不調には基本的にラジオ体操がオススメになります。ラジオで放送されていることからラジオ体操と呼ばれていますが長く愛されてる。究極の健康体操だと考えられます♪

ラジオ体操についてはコチラをクリック

肩が痛い時に考えられるものは【五十肩】【SLAP損傷】【インピンジメント症候群】などの疾患があげられます。※気になる疾患名をクリックして頂けると説明ページにリンクしております。


情報提供元
もみほぐし整体$mile
http://momihogusiseitaismile.web.fc2.com/
評価・口コミ
http://www.ekiten.jp/shop_6061782/review.html
posted by gojal at 19:31 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック