2014年11月08日

過敏性腸症候群(LGS:リッキーガットシンドローム)

【過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)】
これは腸が過敏になって下痢などの症状を訴えるものです。腸の粘膜を損傷することで従来であれば排出されるものが吸収されてしまうことでアレルギー症状などを引き起こしてしまうものになります。リーキー・ガットシンドローム(LGS)とも言います。

過敏性腸症候群がアトピーなど原因不明のアレルギー症状の原因ではないかという説もあります。また腸は脳と同様にホルモン分泌も行う部位になります。腸の不調はホルモン分泌を妨げ体調不良にもつながります。よく「ヨーグルトが花粉症に良い」と言われることがありますが、これは腸内環境を整える事がアレルギー全般の対策に良いとも言えるのです。

過敏性腸症候群になってしまうのは冷たい飲み物とお腹を冷やすことの2つの原因が考えられます。

【冷たい飲み物を飲むとどうなるの???】
冷たい飲み物を飲むと腸の働きは抑えられてしまいます。腸の機能が低下するとタンパク質などの分子量の大きいものが分解されずに吸収されてしまいます。タンパク質は本当ならポリペプチド分解酵素によってアミノ酸まで分解されます。特に成人の腸は従来であればタンパク質などの分子量の大きいものを吸収しないで排出するようになっています。冷やすことでタンパク質の分解が上手に行えなくなります。そして従来であれば排出されるはずの毒素や大きい分子を吸収してしまいます。

【なぜお腹を冷やしたらいけないの???】
まずお腹が冷えると人間は体温を一定に保つ能力【ホメオスタシス】を発揮します。体温を保つために冷えた部位に血液を集めます。人間の血液は体重の約8%になります。(50sの人で4リットル)お腹に血液が集まると腸などに運ばれる血液の量が低下します。血液の総量が決まっているので当然のことですが、これによって腸の機能が低下することで上記同様に腸が毒素などの排出が困難になってしまいます。

【冷えたもの以外に原因はないの???】
・抗生物質の乱用
・加工食品の過剰摂取
・食物繊維の不足
・加齢や年齢による老化
などが考えられます。

【腸を守る為に良いものは???】

@ オメガ3脂肪酸を含む油の摂取

A 腸を冷やさない

B ビタミン・ミネラル・食物繊維の摂取

腸は第二の脳とも呼ばれてホルモン分泌も盛んにおこなわれる重要な部位です。健康な身体つくりはまずは内臓から♪

オメガ脂肪酸についてはコチラをクリック
オメガ3脂肪酸を含む食材についてはコチラをクリック
ホメオスタシスはコチラをクリック

※クリックすると当店で以前に挙げた過去の記事にリンクしています。

情報提供元
もみほぐし整体$mile
ホームページ
http://momihogusiseitaismile.web.fc2.com/
評価・口コミ
http://www.ekiten.jp/shop_6061782/review.html



posted by gojal at 13:29 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。