2014年07月06日

スタティックストレッチ

ある一定の方向に向けて、徐々に可動域を増やしていくストレッチで、見た目には静止しているように見えるこの方法が、一般的にイメージされるストレッチ法だと思います。

10数秒間伸ばし続けることで筋肉の緊張をリラックスさせる最もオーソドックスな手技になります。

注意が必要な点は実はこのストレッチはスポーツを行う前(競技前)に行うと筋肉が弛緩(ゆるんでしまうこと)してしまい、本来の力が発揮できないことがあります。ウォーミングアップで行うよりはクールダウンで行うほうが効果的なストレッチとなります。

どのストレッチにおいても大切なことですが、特にこのスタティックストレッチでは全身リラックスしながら、ストレッチしている筋肉を弛緩させる事が重要です。「伸ばしていく」というよりは、「伸びるのを待つ」ような感覚で行います。

伸びるのが待てなくて、筋肉に負担になる速度や強さで伸ばしてしまうと、危険を感じた筋肉は壊れないように緊張を高めて守ろうとします。筋肉が安心して伸びていけるまで、あせらずに少しだけ待ってあげましょう。ストレッチは必ず筋肉が柔らかくなるわけではなくて誤った方法は反対に筋肉を硬くしてしまう可能性がありますので注意が必要になります。

寝る数時間前に行うと入眠が良くなるとも言われているストレッチになります。

情報提供元:もみほぐし整体$mile(スマイル)

もみほぐし整体$mile(スマイル)の評価・口コミ


posted by gojal at 15:03 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。