2014年07月06日

ダイナミックストレッチ(動的ストレッチ)

軽い運動などをすることで筋肉を伸びやすくするストレッチになります。学者によってはラジオ体操もダイナミックストレッチに含むと考えられます。

代表的なものは膝の屈伸運動や肩回し運動になります。関節を曲げ伸ばしする軽い動きを加えるストレッチになります。

すなわち一見静止しているかのようなスタティックストレッチに対し、ダイナミックストレッチは、関節を動かすことでその動きを滑らかにするとともに、動的可動域(動的柔軟性)アップを目的としたストレッチ法です。このストレッチの大きな特徴として、支持する部分の安定性を高く保つことが、効果的に可動域をアップさせるカギとなってきます。

この支持する部分とは、例えば上半身のダイナミックストレッチであれば下半身であったり、右足のダイナミックストレッチであれば左足や上半身の角度であったりと、いわゆる軸を作りだす部分で、この部分が安定することで、実際にストレッチされる部分のストレスが減り、安全、効果的なストレッチとなります。

筋肉は軽く動かすことで伸びやすくなる性質があることを最大限利用したストレッチになります。更に大きく負荷をかけて行うストレッチがバリスティックストレッチになります。

情報提供元:もみほぐし整体$mile(スマイル)

もみほぐし整体$mileの評価・口コミ


posted by gojal at 14:50 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。