2013年08月27日

ぎっくり腰(ギックリ腰)と腰痛の違い

【腰痛とギックリ腰の違いって???】
腰痛 ⇒ 腰の筋肉が疲労して痛みを伴うこと
ギックリ腰 ⇒ 腰の筋肉が炎症を起こして痛みを伴うこと


※腰痛は疲れ、ギックリ腰は怪我となります。

ギックリ腰って一体、どんな症状なのでしょうか?多くの方は腰の骨がズレて痛みを伴って立ち上がれなくなると思っているのではないでしょうか?ギックリ腰とは腰背部の筋肉や筋膜が炎症を起こしてしまうことです。


急な負荷で腰がギクッとなって痛みを伴う事からぎっくり腰と呼ばれるようになりました。こちらは専門用語ではなくて民間用語になりますので診断時は別名でカルテに記載されています。

正式名称(病院などの診断名として)は急性腰背部筋および筋膜炎(きゅうせいようはいぶきんおよびきんまくえん)と記入されること多いと考えられます。

急に起こった腰や背中の筋肉や筋肉の膜の炎症ということになります。

「整体でボキボキしたら良くなった♪」と言う方は多分、ただの腰痛もしくは軽いギックリ腰の場合が多いと考えられます。

筋肉が炎症を起こしているときは極力、無理に動かさないで安静にして、冷やすことが適切です。また動くときは簡易性のコルセット(ドラッグストアなど)を購入して使用して頂ければコルセットが筋の役割を補ってくれるので応急処置としては有効と言えます。

あまりに症状のひどい方はお近くの整形外科を受診の上で炎症を抑える薬や痛みを抑える薬を注射してもらうと痛みの引きと回復が早まります。また湿布薬や貼布薬なども処方されることが多いので痛いところに貼っておきましょう。

下手に揉んだりストレッチしたりしないようにしてください。ギックリ腰の場合はそういったことで症状が緩和することは考えにくいのです。

専門家に必ず相談の上で適切な処置を受けましょう!ギックリ腰の初日は基本的にアイシングをすることが望ましくなります。

情報提供元
もみほぐし整体$mile
http://momihogusiseitaismile.web.fc2.com/
評価・口コミ
http://www.ekiten.jp/shop_6061782/review.html


posted by gojal at 02:32 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。