2015年09月08日

被曝(被爆)ってなに?【シーベルト・ベクレル・グレイ・レムについて】

【被曝(ひばく)と被爆(ひばく)には違いについて】
前者の【被曝(ひばく)】は放射性物質に曝されて(さらされて)放射線を被る(かぶる)事を指します。後者の被爆は原爆のようなものによって放射線を被る(かぶる)事を指します。2通りあることは意外と知らない方が多いのです。

【シーベルト・レム・ベクレル・グレイ】
被曝時にどれくらいさらされたかを表す数値が【シーベルト】になります。シーベルトとは簡単に言うと1時間その場所にいると被曝していまう量のことです。ロルフ・マキシミリア・シーベルトという人の名前から命名されたそうです。

シーベルト使用する以前はレムを使用していました。
100レム = 1シーベルト

ベクレルは1秒間に放射性物質が放射線を出す回数のことです。
※ 放射線とは放射性物質のだす α線・β線・γ線 のことです。

例えるなら 放射性物質⇒太陽 放射線⇒光 になります。ベクレルをシーベルトに変換するには放射性物質によって変換の基準になる値が異なります。

また被曝してしまった時の値はグレイといいます。
これはα線の場合 1グレイ=20シーベルト 
β線・γ線の場合 1グレイ=1シーベルト

では一体どれくらいのシーベルトまでなら大丈夫なのか?気になりませんか?

実は皆さんが日常で摂取しているものにも放射性物質は微量含まれています。有名なのはカリウムが有名です。放射性物質が必ずしも全て危険というわけではないのです。

年間で自然界から人が受けてる放射線の量は 
世界平均:2.4ミリシーベルト 
日本平均:1.4ミリシーベルト です。

(外部)
宇宙線:0.35ミリシーベルト 
大地からでる放射線:0.4ミリシーベルト

(内部)
空気:1.3ミリシーベルト 
食物:0.35ミリシーベルト

※1シーベルト=1,000ミリシーベルト=1,000,000マイクロシーベルト

【シーベルトの危険度】
一度に3〜4シーベルトの被曝で50%の人が死亡します。

一度に6〜7シーベルトの被曝で99%の人が死亡します。

一度に10シーベルト以上の被曝で胃腸が死滅し2〜3日間苦しんで死亡します。

一度に100シーベルト以上の被曝で中枢神経が死滅し平衡感覚などがなくなり苦しみわけも分からず死亡します。

※レントゲンの一回の放射線量は 0.1ミリシーベルト です。

レントゲンから考えると100シーベルトがいかに危険なのかよくわかると思います。少しの被曝なら人間は自己治癒力で回復します。だからレントゲンなどを撮っても大丈夫なのです。体内にたまった物質も尿や便といった形で全ては吸収されないで体外に排出されるのです。

【1シーベルト=1,000ミリシーベルト=1,000,000マイクロシーベルト】ニュースによってミリだったりマイクロだったり分かりにくいですよね?できれば報道の際は統一していただけると有難いものです。

情報提供元
もみほぐし整体$mile
http://momihogusiseitaismile.web.fc2.com/
評価・口コミ
http://www.ekiten.jp/shop_6061782/review/
ネット予約
http://b.hpr.jp/kr/sd/H000320449/


posted by gojal at 14:49 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。