2015年07月13日

太るサラダ【痩せるサラダと太るサラダの違い】

サラダと聞くとヘルシーなイメージですが実はサラダによってはヘビーなものもあります。ちなみにヘビーなサラダは高カロリーで低カロリーなヘルシーなものよりも多く食べられているとも言われています。





代表的なものが芋類・マカロニなどを含んだサラダです。これらは食物繊維ではなくて炭水化物を多く含むので実際は主食と変わりないものになります。また炭水化物(糖質)と脂の多いドレッシング(脂質)を同時に摂取することで脂質が体内に吸収されやすくなります。マヨネーズであえてあるポテトサラダはヘルシーどころか高カロリーなので太るサラダと言っても過言ではありません。

しかし人間は高カロリーな食べ物ほど脳内に幸福を感じるβエンドルフィン(詳細はハッピーホルモンでご確認下さい)と呼ばれる脳内麻薬を発生させます。その為、高カロリーな食べ物ほど人気を呼ぶのです。焼肉・ハンバーガーが典型的な理由です。

野菜でも根菜類は糖質を多く含みます。おおよその目安として人参1本(150g)で約10g、蓮根1節(150g)で約35g含まれます。またイチゴ・スイカなどの野菜に含まれるものも糖度は高いので基本的に痩せるサラダとしては不適切かもしれません。

糖質の少ない野菜は葉物野菜で代表例としてホウレンソウ・コマツナ・キャベツなどがあります。
葉菜類は2種類あります。非結球性葉菜類(球状になってない野菜:ホウレンソウやコマツナ)と結球性葉菜類(球場になっている野菜:キャベツ)です。これは糖質が少ないので痩せる野菜になります。これらを使ったサラダこそ痩せるサラダと言えるでしょう。しかしこれらの野菜は沢山食べすぎると食物繊維が豊富で便秘(便秘になる仕組みはコチラ)になります。

食物繊維は水溶性と不溶性のものがあります。海藻類は主に水溶性で溶けてしまう食物繊維です。根菜類や葉物野菜の食物繊維は不溶性なので腸に詰まると便秘の原因になります。

糖質が少ないと痩せる理由は、人間の身体は糖質を摂取しないと身体に蓄積している脂肪・筋肉・骨から糖質を取り出して燃焼します。そうすることで人間は何日間も食事をとらずに生きることが出来るのです。太っている人はそれだけ余分な栄養を身体に蓄積しているという事になります。たまに水だけ飲んでも太るという方がいますが、完全なミネラルウォーターだけ飲んでいれば太ることはまず有り得ません。

もし飲んで太る水があるとすれば、〇〇〇風味のお水といった砂糖が大量に含まれているものが原因になります。痩せたいと考えるなら知識をつけてカロリーコントロールをすることが大切です♬

カロリーコントロール
http://smile154.seesaa.net/article/410306858.html






目指せ!合計-8cmやせる体験をもっと詳しく知りたい方はコチラ


今は痩せる体質なのか痩せにくい体質なのかを遺伝子検査で知ることも可能です。興味のある方は【FiNC遺伝子検査】
で調べてみてはいかがでしょうか?

情報提供元
もみほぐし整体$mile
http://momihogusiseitaismile.web.fc2.com/
評価・口コミ
http://www.ekiten.jp/shop_6061782/review/
ネット予約
http://b.hpr.jp/kr/sd/H000320449/


posted by gojal at 18:54 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。