2015年02月28日

薄毛の対策【薄毛とハゲの違い】



【薄毛とハゲの違い】
薄毛の人のことを「ハゲ・はげ・禿」と呼びますが、自らスキンヘッドにしている人のことも「ハゲ・はげ・禿」と呼ぶなど、使用する状況によっては薄毛とはニュアンスが異なる場合も多々存在します。

薄毛と言っても薄くなる部位ごとにタイプもあります。このようなパターンは目にしたことがある人も多いかもしれません。
hage-1.png

傾向としては、無毛状態を「ハゲ」、無毛ではないけど毛髪量が減少し毛髪密度が薄くなっている状態を「薄毛」と呼び区別する事が多いようです。また、「山がはげる」「塗装がはげる」など、覆っていたモノがなくなり下地が露出した状態を指す場合もあります。薄毛とは、読んで字のごとく毛髪が少なく薄い状態をさします。 正確には、 何らかの原因で毛髪が細くなったり、抜け落ちたりと正常な成長をしなくなった状態のこと を言います。

新しい毛髪の成長が無いまま、抜け毛が多くなると、やがて薄毛になり、無毛状態まで進行すれば「禿げ上がる」という状態にいたるのです。 そうなる前に早急な対策が必要です。

禿(ハゲ)・・・毛が無い状態
薄毛  ・・・毛が薄くなっている状態

薄くなるって禿げる際に毛は抜け落ちます。この毛が抜ける状態を脱毛と呼びます。毛が毛穴から脱っするので脱毛です。皮膚の疾患によって毛根細胞が破壊されて毛が脱毛することを脱毛症と呼びます。

その為、薄毛は改善できるものとできないものが存在するのです。日本人男性のハゲ率は25%を超えているそうです。これが本当だとすると、日本人男性4人に1人がハゲということになります。しかし近年、増加しているのは女性の薄毛になります。それは美容のシャンプーなど殺菌効果の強いシャンプーで清潔にしすぎていることが原因とも言われています。

【脱毛症の種類と対策】

「脂漏性脱毛」
脂漏性皮膚炎が原因の脱毛を「脂漏性脱毛」といいます。脂漏性皮膚炎とは「脂性のフケが毛穴を詰まらせ、髪の毛が生えてくる道をふさぎ、頭皮の状態が悪くなって炎症を起こす」というものです。場合によっては、そのフケをエサとした細菌が繁殖し、炎症をひどくすることもあります。症状としては頭皮が赤く変色し、痒くなります。そこから脱毛に移行するのが、脂漏性脱毛です。脂性の人は、この脂漏性脱毛になりやすいと言えますが、過剰な皮脂の分泌を抑えることで、症状を軽くすることが可能です。また、正しいシャンプーで、その日の汚れ、脂分をきれいに取り払うことも大切です。
【対策】
あまり脂っこいものを食べない(食生活を整える) 毎日正しくシャンプーを行う。

「ひこう性脱毛」
最近、男性だけでなく女性にも増えているのが「ひこう性脱毛症」です。清潔感を過度にこだわるあまり、洗浄力の強いシャンプーを必要以上に使うことで起こることが多い症状です。アレルギーの一種で、刺激の強いヘアケア製品や、過度のパーマ、ヘアカラーなども症状を発症させる原因にもなります。

※ヘアカラーやパーマが直接的な原因ではなくて、それらの薬剤が頭皮につくことで皮膚に刺激が加わることが原因になります。

特徴は、乾燥したフケが大量発生することで、毛根を塞ぎ、かぶれをともなった炎症を引き起こします。
頭皮も乾燥してくるので、髪の固着力が弱まり、髪も次第に痩せ細っていきます。また、溜まったフケが痒みを生じさせます。ムズムズするからといって、頭皮を掻きむしるのは、さらに症状を悪化させ、皮膚炎も誘発します。刺激の強いシャンプーから低刺激のシャンプーに切り替えたり、過度のヘアカラーを控えるなどの髪に対するいたわりを心がけましょう。
【対策】
刺激の強いヘアケア製品の使用を控える。洗髪回数を過剰にしない


「若年性脱毛」
毛穴を塞ぐ角栓様物質です。 抜け毛の中でも深刻な問題を含んでいるのが「若年性脱毛」です。本来なら成長期にある毛根細胞が何故か正常に働かず、髪が寿命を全うする前に抜け落ちてしまうのが若年性脱毛の特徴です。特に細くて短い成長中の抜け毛が目立つ方に注意が必要な脱毛です。人間は秋口に抜け毛が多くなる時期があります。一般的に人は太くて長い毛から抜けるのですが若年性脱毛では短くて細い若い毛が抜けてしまいます。脱毛とともに髪が細くなり、頭部が薄く見え始めてきます。老化による脱毛はある程度仕方のないことですが、20〜30代では髪もまだまだ成長する時期です。進行を食い止め、健康な髪を取り戻すことが急務といえるでしょう。

原因は、遺伝や、男性ホルモンの分泌過多、不規則な生活習慣、ストレス、睡眠不足などいろいろあります。
中でも一番の原因は「角栓様物質」です。過剰に分泌された皮脂と毛穴の奥に詰まった古い角質が混り合い、大きな塊となって毛穴を塞いでしまうのです。予防策は、角栓様物質の原因となる角質を取り除くことです。毛穴の奥に潜んでいるため、しっかりとシャンプーしてもなかなか除去しにくいのが角質ですが、最近では、頭皮を直に通過する極超微粒子育毛剤なども市販されていますので、それらを使用し、角栓様物質の除去に努めましょう。
【対策】
毛穴の奥まで考えたシャンプー、極超微粒子育毛剤などの使用

「円形脱毛症」
ある日突然、円形や楕円形など部分的に脱毛が生じるのが「円形脱毛症」です。男女関係なく発症します。抜けた髪の毛には毛根が残っておらず、脱毛部分の皮膚はやや周囲よりもへこんだ状態になります。症状には、頭部の一部分に発生する「単発型」と脱毛部分が移動し広範囲に広がっていく「多発型」の2種類あります。

≪原因は、主に以下の3つ≫

「自律神経異常説」
➡ストレスなど自律神経に障害が起こることで、毛細血管が萎縮。髪が栄養補給できず、脱毛を促進させるという説。

「末梢神経不全説」
➡肩こりや首の痛みによる血行不全が円形脱毛症を引き起こすという説。

「自己免疫説」
➡リンパ球がなんらかの原因で髪を作る毛母細胞を異物とみなし攻撃するという説。

ただし、医学的には因果関係がまだはっきりとつかめていないのが現状です。症状を発症した人の中には、数ヵ月後には軟らかい髪が生え始め、自然治癒で元通りに回復する場合もあります。急激な脱毛が見られる場合はできるだけ早めに皮膚科の診断を受け、適切な対処をしましょう。
【対策】
過労やストレスは避け、睡眠や栄養を十分にとる

「瀰漫(びまん)性脱毛症」
毎日不摂生な生活を送っていると、髪の毛にも… 中高年の女性に多く見られるのが「瀰漫(びまん)性脱毛症」です。休止期毛の割合が多くなり、頭髪全体の髪がまばらに薄くなってきます。主な原因は、頭皮や毛根部の細胞の老化。加齢による血行不良やホルモンの影響が抜け毛の割合を増やしていきます。また最近では更年期の女性だけでなく、20〜30代の女性にも瀰漫性脱毛症が見受けられています。ダイエットによる栄養不足や、社会進出による男性同様の精神的・肉体的な負担の増加など、いくつかの要因がありそうです。加齢によるものとはいえ、日ごろの生活習慣次第で十分予防可能です。頭部をマッサージするなどのアンチエイジング対策を心がけましょう。
【対策】
マッサージによる血行促進、アンチエイジング対策

【シャンプーの選び方】

■石鹸系シャンプーは避けたほうが良い

石鹸シャンプーは頭皮にも、特に髪にも相性が良くないです。石鹸はアルカリ性なので、髪のキューティクルが強制的に開いてしまい、ダメージに直結します。さらに、他の洗浄剤より洗浄に多くの分量を要する上、石鹸カスが髪に付着してゴワゴワの手触りになります。髪を洗うシャンプーとしてはオススメできないといえます。

■ラウリル硫酸塩系は避けたほうが良い

「ラウリル硫酸塩系は皮膚への浸透性が高く、かつて多く使われていた欧米でも皮膚病が多発して、あまり使われなくなった洗浄剤です。これは石鹸以上に、直ちに害が懸念されるタイプの洗浄剤」と言えます。

■殺菌系は注意が必要

意外に思われるかもしれませんが、昨今急激に販売が増えてきている殺菌系シャンプーはデオドラント(臭いを防ぎたい)というニーズから作られているケースが多いようです。しかし、皮膚の健康を保つ善玉菌まで一掃してしまっては、一時的に臭いは防いでも肌の老化は早まり、乾燥肌、フケといった別の症状になって現れてくるのは明白です。その為、かえって臭いが出やすくなる悪循環に陥ります。

■シリコンは意外と大丈夫
化学的に変化しにくので、人体に刺激になることも毒になる確率も少ないと言えます。ちなみにシリコンは大きなメッシュ状の分子なので、毛穴が詰まるようなことも起きにくいです。

以上のことから自分に合ったものを考えて薬局(ドラッグストア)などで相談して頂くと良いと思います。日地によって知識や考え方もマチマチです。特に石鹸系は【薬用せっけん】ともいうように薬に該当するので雑貨品として扱わないのであれば薬事法にふれるものになります。だからこそ薬剤師のアドバイスを受けることが望ましいと考えられます。

★育毛剤を使用して毛の健康を促進する★
育毛剤はものによって差はありますが、毛を元気にすることは可能です。薄くなった毛を増やす効果はなくても予防することは可能になります。薬用育毛剤 凌駕(リョウガ)のような売れている育毛剤はやはり効果を体感しやすいようです。しかし個人差はあります。薄毛対策というよりはまだ毛のある方が予防的に使用される方がオススメにはなります。




今は薄毛に対して有効なリーズナブルなカツラもあります。一昔前に比べるとクオリティも高まっているのでカツラなどでごまかすこともストレス回避につながります。



情報提供元
もみほぐし整体$mile
http://momihogusiseitaismile.web.fc2.com/
評価・口コミはコチラ
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000320449/review/
ネット予約
http://b.hpr.jp/kr/sd/H000320449/


posted by gojal at 19:18 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。