2015年01月24日

化粧水・乳液は肌に効果あるの?【バリヤゾーンのおはなし】

皮膚は何層にも重なっていて皆さんがケアしているのは死んだ細胞の集まりの角質層になります。化粧水と乳液に関しては角質層は死んだ細胞なので再生能力がありません。その為、負担をかけたりすることで段々と弱っていきます。弱った力を補うという意味では効果があります。

【皮膚の構造図】
hifu.jpg


特に女性は日常的に化粧をされる方が多いと思います。化粧は肌の水分&油分を非常に奪います。また紫外線から肌を守ってくれる代わりに皮膚呼吸を制限することもあります。そうやって肌をいじめてしまっています。【紫外線についてはコチラ

正常な皮膚表面は 「弱酸性(ph4.5〜ph6.5)」 です。表皮の最外層の角質層(ケラチン蛋白質)が弱酸性であるのと同時に、汗腺と皮脂腺からは汗(水分)と脂(油)を分泌します。これらが皮膚表面で適度に乳化されて天然のクリームのような「皮脂膜(バリヤゾーン)」を形成します。これによって皮膚表面は弱酸性に保たれています。

反対に体内は健康状態のときは「弱アルカリ性」に保たれています。摂取した栄養素がたえず燃焼していますので、その燃焼によって酸性に傾こうとします。これが持続すると体内に変調をきたします。そのために余分となった酸は尿と一緒に排泄します。 (詳細はホメオスタシス参照) 皮膚表面からも汗と皮脂になってどんどん体外に排泄されます。

人間の皮膚の表面に角質層(外壁)と顆粒層(内壁)があり、両者をあわせて角化層といいます。 
角化層は皮膚からの異物の侵入をふせぐバリヤゾーンのある部位になります。

壊したら皮膚の健康は保てなくなります。「皮脂膜(バリヤゾーン)」で、皮膚表面から入ってくるものをシャットアウトする仕組みになっています。皮膚は皮脂や汗の「排泄器官」です。そのため「異物(栄養素・化学物質などの添加物)」を吸収しにくいのです。汗腺や毛孔から吸収される場合もありますが、基本的にはバリヤゾーンでくいとめられることになります。

但し、重金属、スルファミン(分子量の小さい物質)、色素、ステロイド、特に鉱物油などは吸収されます。皮膚にビタミンC、E、栄養素を配合したクリームや化粧水などをつけても、あまり効果は期待できないのです。必要以上につけると皮膚の分泌機能が衰えて皮膚トラブルを起こします。

角化層(バリヤゾーン)を破壊すると皮膚が痛み、乾燥肌や小ジワなどの老化がはじまります。化粧水やクリ―ムなどの化粧品が浸透していいのは、外壁の角質層までです。これより奥に浸透させるのは良くないと考えられます。内壁の顆粒層まで化粧品を浸透させると、顆粒層が持っているバリヤゾーンという機能を壊す危険があります。

薬効成分や栄養を皮膚に入れるには、バリヤゾーンを壊さなければいけないのです。バリヤゾーンを壊して薬効成分を皮膚に入れる薬品を浸透剤(合成界面活性剤)といいます。これは皮膚を壊す可能性があります。

顆粒層は生きている細胞層なので化粧品などの異物が侵入してしまうと拒絶反応が起こり湿疹などの肌の炎症を起こしてしまいます。すなわちビタミンやコラーゲンなどの成分を異物とみなし拒絶反応を起こすのです。
(これが化粧品による肌の炎症、湿疹、アレルギーの起こるメカニズムになります。)


自分自身の身体が作ったコラーゲンなら異物ではありませんが、化学的に合成された成分は肌にとって異物になります。その為、拒絶反応を起こす可能性があるのです。「クリームを肌にすりこむ」というのは、角質層にすりこむという意味です。

角質層なら生命のない単なる壁(死んだ細胞の集まり)だから安全なのです。栄養を化粧品に配合してもバリヤゾーンに妨げられ、角質層という皮膚の死んだ壁にしか浸透しないのです。「角化=皮膚細胞が再生するサイクル(ケラチ二ゼーション)」によって古くなった角質層(フケ・垢)も健康であれば自然にはがれ落ちていきます。このサイクルが正常に機能する事が肌を健康に綺麗に保つコツになります。

綺麗な肌を手に入れるには栄養は口腔や胃腸を通して、消化・吸収し、血液で皮膚に届けるのが最も有効的と考えられます。栄養や薬効成分を皮膚から入れる化粧品は、それらが皮内にたくさん入るものほど皮膚を壊しやすくなります。最近はコラーゲンを配合した化粧品がふえていますが、コラーゲンも正しい食生活をして自分の体内で作るの一番なのです。

身の周りには驚くほど様々な細菌がいますが、それらもバリヤゾーンでくいとめられ、皮膚の奥には侵入できないのです。また皮膚の表面には全身いたるところに目に見えないあらゆる細菌が存在します。皮膚が弱酸性に保たれているおかげで皮膚につく菌の殺菌効果があるのです。

情報提供元
もみほぐし整体$mile
http://momihogusiseitaismile.web.fc2.com/
評価・口コミ
http://www.ekiten.jp/shop_6061782/review.html


posted by gojal at 16:14 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

痙性・固縮・麻痺の違いについて








痙性(けいせい)・固縮(こしゅく)・麻痺(まひ)の違いについて

【痙性について】
痙性とは麻痺の性質のことをあらわします。痙性の反対語で使用されるのが弛緩性(しかんせい)になります。筋肉の緊張が神経が原因でコントロールしにくくなり硬くなるものが痙性です。反対に柔らかくなって力が入らないものが弛緩性になります。

多くは中枢神経系(脳など)が原因で随意運動★1(錐体路系)の障害によって引き起こされます。高次脳機能障害(脳血管障害による脳の障害)で引き起こされる筋肉の力が入って硬くなる麻痺が痙性麻痺、力の入らなくなって柔らかくなる麻痺が弛緩性麻痺と呼ばれています。

★1:随意運動(ずいいうんどう)とは自分の意志で筋肉を動かすことで、錐体路(すいたいろ)とはそれをコントロールしている脳からの神経の道のこと

この麻痺に関しては指標として【ブルンストロームステージ】が指標とされます。

【ブルンストロームステージ6段階】
ステージ1 弛緩性麻痺
ステージ2 弛緩性から痙性への移行期
ステージ3 痙性麻痺
ステージ4 痙性が少し緩みます
ステージ5 痙性が緩んである程度、動かせます
ステージ6 ほとんど麻痺なく動かせます。


※分かりやすくザックリとした説明になってしまってますので詳細はコチラをクリックして専用のページにリンクさせておきます。

【固縮について】
痙性麻痺(痙縮:けいしゅく※1)が随意運動(錐体路系)の障害によるものに対して、固縮は不随意運動★2(錐体外路系)の障害によって引き起こされる筋肉の緊張を抑制できない症状のことになります。一般的にはパーキンソン病の際に見られる筋肉のコントロール不全のことを固縮と呼びます。固縮は痙性麻痺と大きく違う点は自分の意志で筋肉を動かすことは可能になります。その為、麻痺の扱いにはならないのです。

※1:痙性麻痺によってもたらされた筋肉の硬くなった状態を指します。
★2:随意の反対で無意識の運動のこと

固縮は不随意の動きで固くなるものに対して、緊張時に無意識に手が震えるなどの症状を【振戦:しんせん】と呼びます。パーキンソンについてはコチラをクリック

【麻痺について】
実は明確な定義がないので非常にあいまいなものになります。神経が原因で痺れをきたすものを麻痺とするのが一般的なので感覚に由来するものと考えられやすいのですが、筋肉の運動機能制限をさすことが一般的になっています。そのためどちらも麻痺としています。使い分けとして運動麻痺、感覚麻痺と表現します。

運動麻痺に関しては自分の意志で動かす(随意運動)の制限のことを指します。その為、痙縮は痙性麻痺となりますが固縮は麻痺の扱いにはならないのです。

麻痺は中枢神経系の障害・末梢神経系の障害どちらでも起こり得ます。脳の障害で身体の一側がまひすることを片麻痺(かたまひ)と呼びます。

麻痺では筋肉の可動域制限や骨による可動域制限については【拘縮・固縮・強直の違いをご参照ください♪】コチラをクリックでリンクしております。


情報提供元
もみほぐし整体$mile
http://momihogusiseitaismile.web.fc2.com/
評価・口コミ
http://www.ekiten.jp/shop_6061782/review.html
ネット予約
http://b.hpr.jp/kr/sd/H000320449/








posted by gojal at 10:39 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

ヘルニア・ギックリ腰・腰痛・脊柱管狭窄症などの違いについて

@ヘルニア Aギックリ腰 B腰痛 C脊柱管狭窄症

※@はヘルニアのページ A・Bはギックリ腰と腰痛の違いのページ Cは脊柱管狭窄症のページリンクしています。

@ヘルニアはドイツ語で飛び出るという意味です。椎間板と呼ばれる背中の骨と骨の間のクッションが飛び出ることで腰痛や痺れなどの症状を引き起こすものになります。

Aギックリ腰は急激に腰に負荷が加わることで起きる腰背部の筋肉の急性炎症になります。

B腰痛は症状で疾患名ではないです。ヘルニアやギックリ腰になってしまったことで起きる腰が痛い状態を腰痛と呼びます。


C脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)は背中の骨の脊柱管という神経の通っている管が狭くなって神経を圧迫して筋力低下や痺れなどが起きる症状のこと。


【まとめ】
〇〇痛と呼ばれるものは基本的に【痛み】という症状のことを指します。〇〇症と呼ばれるものは基本的に【疾患】なので病になります。腰の痛い病を腰痛症と呼ぶこともあります。例えば坐骨神経痛も症状の事になります。いわゆる神経痛の神経の種類が坐骨神経が原因の症状というだけの話しになります。






情報提供元
もみほぐし整体$mile
http://momihogusiseitaismile.web.fc2.com/
評価・口コミ
http://www.ekiten.jp/shop_6061782/review.html
posted by gojal at 20:03 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

緑茶の効能(緑茶の力)について

【緑茶ってなに?】
カメリアシネンシスと呼ばれる学名のツバキ科の茶の樹の葉っぱからエキスを抽出した飲料になります。緑茶・ウーロン茶・紅茶はすべて同じ茶葉から作られます。葉の発酵具合の違いで名前が変わり、その中でも緑茶は加熱処理をして茶葉の発酵を防いだものになります。煎茶(せんちゃ)・ほうじ茶・抹茶は緑茶になります。

【緑茶の効能】

心臓を守る
1日2〜3杯のお茶は、心臓病のリスクを低減してくれます。特に緑茶は心臓の動脈を柔軟にする効果があるため、血圧の変化にスムーズに対応できるようになります。また、抗酸化物質のフラボノイドは、内皮細胞を活性化させ、血管のつまりを防いでくれるようです。お茶の中には、血圧上昇物質の生成阻害作用があるということが、各研究機関で相次いで発表されていますが、お茶を飲むことによって、善玉コレストロール(HDL)が体内に増え、動脈硬化を予防するということも発表されました。

免疫力アップ
カテキンには、ウイルスを撃退する効果があります。ある臨床研究では、緑茶に風邪の菌の増殖を防ぐ作用があることも立証されています。これは、緑茶が免疫力を強くする調節性T細胞の数を増やしてくれるからだと言われています。また食中毒の原因の大腸菌などの殺菌効果もあると言われています。食後の緑茶一杯で食中毒のリスクを大幅に下げることも期待されています。

メタボ予防
1日2〜3杯の緑茶は、体の脂肪燃焼効果を高める作用があります。2011年におこなわれた実験で、マウスに高カロリーの食事を与え、食事と共に緑茶を飲んだマウスはそうでないマウスより脂肪を蓄える速度が遅かったといいます。カテキンはポリフェノールの仲間で、コレステロールの吸収を妨ぎ、悪玉コレステロール(LDL)値を下げやすくしてくれるという報告もあります。

認知症対策
およそ1.5万人の成人(65歳以上)を対象におこなわれた調査では、日頃からたくさん緑茶を飲んでいる人は、老化も遅いことが判明しています。1日2〜3杯以上緑茶を飲んでいる方々は入浴や着替えなどの日常生活に必要な行動が、年をとっても難なくこなせる人が多かったとも言われています。これはカテキンの脳の灰白質を保護する作用ではないかとも言われています。最新の研究では、緑茶が新たな脳細胞の成長を活性化し、記憶力や学習力を向上させる効果があることもわかってきています。それらによって老化を防ぎ健康的でいられる身体作りに役立っているとも考えられます。

【緑茶の味わいを感じる3つの栄養素】

カテキン類
ポリフェノールの仲間であり、エピカテキンやエピガロカテキンは渋味は弱いが苦味があり、そのガレートタイプのものは苦渋味が強いが、不快感がなく、口中を爽やかにすると言われています。玉露や抹茶はカテキンが少ないため苦渋味が弱く、ほうじ茶は高温処理でカテキンが酸化変性を受けて減少し、苦渋味が弱くなります。

アミノ酸類
旨味や甘味を決める成分でもあり、緑茶にはアミノ酸20種類全て含まれています。なかでも、テアニンは煎茶に含まれるアミノ酸の約60%を占め、味の決定に重要視されています。また、その他のアミノ酸類も甘味や旨味に関与するものが多く、それらの量的バランスにより複合された味が作り出されています。

アミノ酸の一種のグルタミン酸はうま味成分でもあります。
うまみ成分はコチラ
http://smile154.seesaa.net/article/409731513.html


カフェイン
独特の苦味を持ち、熱水に良く溶ける性質を持つため、高温の湯で入れたお茶は苦味が強くなります。

緑茶.jpg


【まとめ】
カテキン・アミノ酸・カフェインの分量で味わいが変わります。緑茶は日本で昔から愛飲されている飲料です。日本古来から続く伝統的なものは健康に良いものが多いと言われていますが緑茶はその代表格とも言えます。お茶は嗜好品として楽しむものでしたが現在は手軽に入手が出来ます。サプリメントや漢方にも劣らないくらい素敵な健康飲料だと言えます。


情報提供元
もみほぐし整体$mile
http://momihogusiseitaismile.web.fc2.com/
評価・口コミ
http://www.ekiten.jp/shop_6061782/review.html



i4s.jpg
posted by gojal at 11:35 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

五十肩の体操【コッドマン&コノリー】

五十肩について知りたい方はコチラをクリック

五十肩は回旋筋と呼ばれる肩を回旋(かいせん)※1する筋肉が炎症を起こして痛みによって可動域が制限するものになります。

※1 回旋とは肩を内と外にまわす(ひねる)動きのことになります。

五十肩になると痛みや炎症が原因で肩がバンザイをできなくなります。痛みに関しては発症直後は物凄い痛みを伴いますが半年~1年程度で多くの方が自然と消えていきます。動きに関しては発症から2年程度でほとんど元通りになる方が多いと考えられます。

【五十肩の方にお勧めの体操】
1.コッドマン体操【別名:アイロン体操】
右矢印1適度の重りを持って下図のような姿勢で肩をまわす体操のことです。五十肩が発症した直後から行える簡単な体操になります。重さがアイロンくらいで持ち手があることからアイロンを使用することでアイロン体操とも呼ばれています。重りは体格や性別で変えて頂くことがオススメです。重さの目安【男性1kg 女性500g】

1.jpg

2.コノリー体操
右矢印1こちらはある程度、肩が動くようになってきてから行うと良い体操になります。コッドマン体操と併用するとより効果的になります。目安としては発症3か月以降(個人差有り)で肩が少し挙がるようになってから行います。激しい痛みを伴う場合はまだ行わないほうが良い体操になります。下図の矢印の方向に力を加える抵抗運動を行います。(筋肉に力を加える抵抗運動をすると筋肉はゆるみますのでセルフマッサージ同様な凝りを解消する効果も得られます。)

2.gif

本当は五十肩になる前からマメに日頃のケアを行うのが良いのですが・・・五十肩になってしまった方は上記の様な体操を心掛けてください。「私は大丈夫!」という方にこそ気にかけて頂きたく思います。

情報提供元
もみほぐし整体$mile
http://momihogusiseitaismile.web.fc2.com/
評価・口コミ
http://www.ekiten.jp/shop_6061782/review.html
posted by gojal at 12:27 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

更年期障害と自律神経失調症の違いってなに?

更年期障害と自律神経失調症って何が違うのか意外と曖昧ですよね。

更年期障害は歳をとることで起きるホルモン分泌量の低下などで体調がすぐれない状態のことです。

更年期障害の詳細はコチラをクリック

自律神経失調症は交感神経と副交感神経の働きが乱れてしまうことになります。交感神経は興奮時に働く神経、副交感神経は安静時に働く神経です。人は運動などをすると心拍数が上がります。この心拍数を上げる働くなどをするのが交感神経の働きになります。この上がった心拍数を下げるのが副交感神経の働きになります。この働くタイミングや働き方が乱れて安静にしているのに心拍数が上がったり、動悸・息切れのような症状がでるものをさします。

自律神経失調症の詳細はコチラをクリック

違いは【更年期障害】ホルモン分泌が原因で起きるのか、【自律神経失調症】自律神経の働きが乱れて起きるのかの違いになります。

更年期障害は自律神経失調症と同じような症状も出ます。その為、実は診断で見分けるのが困難とも言えます。更年期障害の方が數多くの症状が出ますので不定愁訴※1が見受けらる傾向になります。

※1『イライラ』・『倦怠感』などの症状を訴え、検査をしても悪いところが見つからない訴えのこと

治療に関しては専門機関で聞いて頂くのがベストです。症状が似ていても治療方法が異なりますので自己判断ではなくて専門機関で診察頂くことお勧めします。現在は大きい病院にかかる前に小さい診療所で紹介状を書いて頂く必要があります。その際に何処で診察を受けるのが好ましいか専門機関がどこになるかを診療所で訪ねて頂くのが良いでしょう。

情報提供元
もみほぐし整体$mile
http://momihogusiseitaismile.web.fc2.com/
評価・口コミ
http://www.ekiten.jp/shop_6061782/review.html
posted by gojal at 19:12 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

更年期障害について

【更年期障害ってなに?】

更年期とは一般的に閉経後(45〜55歳)のことをさします。平均51歳で訪れると言われています。近年は男性の更年期障害も認知されつつあるので平均51歳前後に起きるホルモンバランスの乱れによる体調不良とも言えます。

更年期障害の特徴は自律神経失調(じりつしんけいしっちょう)症状と精神症状が相互に関係しあって起こる、不定愁訴(ふていしゅうそ)※1の総称と考えられます。

※1『イライラ』・『倦怠感』などの症状を訴え、検査をしても悪いところが見つからない訴えのこと

【原因について】

女性は加齢に伴う卵巣機能の低下によって、卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)の量が減り、
これが脳の視床下部(ししょうかぶ)にある自律神経中枢に影響を及ぼして自律神経失調症を引き起こします。

男性は加齢に伴う精巣機能の低下によって、男性ホルモン(テストステロン)の量が減ることが原因とも言われていますが詳しいメカニズムはハッキリしていません。

心理的ストレスが大脳皮質‐大脳辺縁系(へんえんけい)に影響を与え、憂うつや情緒不安定などの精神症状を引き起こします。この自律神経失調症状と精神症状が相互に影響し合って、更年期障害の病状を複雑にしています。

【症状について】

自律神経失調症状
ホットフラッシュ※2(顔ののぼせ、ほてり)・発汗

※2ホットフラッシュは閉経女性の60%に認められ、数年間続き、長期にわたる場合もあります。そのうち治療を要するものは30%とされ、あとは自然回復すると言われています。
 
精神症状
憂うつは、閉経女性の約40%に認められています。最近の調査では、日本の更年期女性の特徴として、ホットフラッシュよりも肩こりや憂うつを訴える頻度が高いことがわかってきました。

【対処方法について】
更年期障害の疑いがある時は、まず専門医の診察を受ることが大切です。

一般的には血液内のエストロゲンホルモンの量を測る方法で調べます。

更年期障害は、卵巣機能がまだ変動している時期にみられるもので、卵巣機能が完全に低下し、全身の状態がホルモンの変化に慣れてくれば、自然によくなると考えられています。

そのため、一度だけの血液ホルモン検査では、エストロゲンが正常な値を示すことがあります。

更年期と診断されるためには、老化した卵巣を活発にしようとして脳下垂体(のうかすいたい)から大量に分泌される性腺刺激ホルモンの値が高いことを確認することが重要です。

治療に関しては専門医によるホルモン治療などが一般的ですので詳細は病院などに問い合わせるのが一番になります。

更年期障害の程度は、本人の性格、精神状態、周囲の環境などから影響を受けますので生活習慣などが乱れているなら規則正しく修正して、適度な運動などをして身体をリフレッシュさせることが必要になります。

自律神経失調症についてはコチラ
http://smile154.seesaa.net/article/371512693.html

情報提供元
もみほぐし整体$mile
http://momihogusiseitaismile.web.fc2.com/
評価・口コミ
http://www.ekiten.jp/shop_6061782/review.html
posted by gojal at 11:58 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

自律神経失調症は治るの?

治るのか?治らないのか?は多くの方が一番知りたい部分ですよね♪

そしてドクターはこの部分に関しては曖昧にして濁す方が多いので多くの方がインターネットなどで答えを求められるのだと思います。

自律神経と呼ばれる神経は交感神経(興奮時に働く神経)と副交感神経(安静時に働く神経)のことです。この神経の働きが乱れることを自律神経失調症と呼びます。

乱れた原因が分かれば整える事が出来るので答えは『治る』になります。しかし原因をつきとめることが困難で神経の働きを人間の力でコントロールすることは難しいので理屈としては『治る』のですが中には『治らない』人もいるようです。ただし『治らない』人も『慣れる』ことで症状を感じにくくなる方はいるようです。

主な原因は精神的な疲れや肉体的な疲れになります。その為、適度な休養が必要になります。これらを自分に合った方法で取り除くことで症状は緩和していきます。自律神経失調症は年齢・性別問わず誰でもなり得る病になります。


息抜きをしないで症状が落ち着くことは、まず有り得ないと言えます。【息を吐かずに止めたまま息を吸いたいと言っているようなものです】

ストレッチ ・ ラジオ体操などを行ってしっかりと睡眠をとることで徐々に緩和していきます。一度、生活を見直してみることで快適な身体つくりが期待できますよ♪

情報提供元
もみほぐし整体$mile
http://momihogusiseitaismile.web.fc2.com/
評価・口コミ
http://www.ekiten.jp/shop_6061782/review.html
posted by gojal at 12:17 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。